<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
一巡り、太陽の下で

今日でUNDER THE SUNツアー@神奈川から1年が経ちました☆
楽しい1日だったなあ。初めてのツアーで物凄く興奮したのを覚えています。
たくさんの人との出会いもありましたし、
なんか若かった気がするし。笑
服装もそうですけどね、気持ちが。
最近は前より少しだけどっしり構えられるようになったかなと自負しているところもあります。

1年って結構な期間ですよね。

だけど私にとってそれはもうあっという間で・・・とても充実した1年でした。
色んなことがありました。
ライブ・進路のこと・受験・人間関係・卒業。まだまだきっとたくさんある。
全てを吸収して、今いる私が結構好きです。

それは常に音楽、中でもレミオロメンの音に包まれて歩んできたからだと本気で思う。
私の学生生活での出逢いの中でも、
レミオロメンとの出逢いって五本指に入る程大きいです。
これからもそんな日々が続けばしあわせ。
私はどんなに辛いことがあっても、
レミオロメンの音楽があってこのブログを続けているうちは
大丈夫だと言い切ることができます。
わりかし、いえ、かなり大切なこのブログ。音と人と繋がれる幸福な場所。
悲しいことがあっても嬉しいことがあるから立ち直れる。
だから決して諦めることなくこれからも歩んでいきます。

だって、やれると信じるひとがやらなくて誰がやる。
最初から諦めてたらそれは確かに無理な話。
希望に対する不可能の根拠が絶対なんて、信じたくありません。

これからもよろしくお願いします。
知っている方も知らない方も、このブログを読んでくれてありがとうございます☆

憧れの人。
[PR]
by only1_my-love | 2007-03-30 20:39 | 何気ない毎日のこと
0703-23.25/最高の日々*

a0043516_2352260.jpg





レミオロメン LIVE DVD「"ISLAND OVER THE HORIZON" at YOKOHAMA ARENA」
プレミアム上映会@TOHOシネマズ ららぽーと横浜

3月23日、この場所に私はいました。
一回記事にもアップした通り、私はこの上映会の抽選は見事に外れ、
それはもう落胆していました。

でも諦められなくて。一日前まで、本当の本当にギリギリのところまで足掻いて足掻いて・・・
行ける方法をとにかく探して。
そこで私は奇跡と出逢うことができ、またその奇跡も私のことを選んでくれました。
行けることになった時の感動は言葉では言い表せない程でした。
そこで出逢ったのはやさしい女の子で、今でも感謝してもしきれません。

大げさかもしれないけれど。運命を手にした私は
彼女と一緒に感動を分かち合えることになったのです。

そうして向かえた23日、とてもあたたかくて晴れた一日。
駅で待ち合わせて私の目の前に現れたのはとっても可愛い子!
よく笑ってくれて、空気がほんわかしてて見ているこっちまで
嬉しくなるような雰囲気を持っている素敵な子なんです。
挨拶も早々に色んなことを語りながら会場へ向かい、チケットを貰った時点で身震い。
ああ、会えるんだ・・・って。

時間までウインドウショッピングしたり軽く食べたりしてるといざ開場の時間!

茜空が流れる映画館がまたとても私のこころを高揚させるんです。笑
そんな大好きな曲もゆっくりと終わり、暗転してまたあの日のライブが始まるのです。


*


大きな画面と素晴らしい音響の中で観るあの映像。
家では中々再現されない低音も何もかも迫力に満ちていて凄かったです~。
声も音も、何から何まで最高で・・・やっぱり唯一無二の私の好きな「音」を実感。
びしびしと伝わるものもさらに大きくて、胸の高鳴りも残響も激しくて。
まるでもう一本ライブを観たような感覚になりました。これは本当の本当!
しかも!私は実はここ最近の忙しさでまだこのDVDを観たことがなかったんです。
思い出すことも新しい発見も桁外れに素晴らしい環境で発見できる。
最高の贅沢を味わってきました。


さてここからは、"プレミアム"の部分のレポ。


追加されていたのはMC部分と、紙ふぶきの最中に流れた舞台裏の映像。
普通の演奏している姿から真剣な表情で静止した3人の顔に変わって、
あれって思ってたらそれは追加シーンだったんだと。
藤巻さんがぺたん、と座って左上を真っすぐ見上げる場面がありまして。
何を見てたのかはわからないけど、凄く真剣でやわらかい瞳でした。
それが私にとっては無性に愛しくて切なかった。
大声で笑いながらフットサルをする姿も同じ。
短パンではしゃぐ藤巻さんに、転んでしまって空を仰いで笑う治さん。
ハイタッチやパスから自然と伝わってくるスタッフ・メンバー間の仲の良さ。
「みんな」で造り上げた感の溢れるこの空気が好きです。

覚悟を決めているライブ前の姿。
声を掛け合い手を重ねた後、まだ暗いステ-ジへ向かう姿。
リハ-サル風景も治さんのふれあい教室の様子も惜しむことなく見せてくれました。

大好きな曲というのも重なって、紙ふぶきの間はずーっと涙を流していました。
後から友達に突っ込まれる程。笑

そして極めつけはDVDが終わった後!
六本木と中継が繋がり、なんと藤巻さん登場~☆
実はかなり想定内だったのですが(笑)やっぱり大興奮。画面越しでも大興奮。
と、その前にJ-WAVEの藤田琢己さんが繋ぎの時間を埋めてくださっていたのですが、
この方の語りが私は好きなんです。

ひとつひとつ私たちとレミオロメンでぶつかって出来るのがライブ、と言ってくれた、
とても愛のあるやさしい語り。

そうしていつもの照れ臭いようにも見える笑顔で現われた藤巻さん。
いくつかお話をしてくれました。
フットサルは体力作りのため、いや嘘!なんて言ったり。

それから全会場へ向けてくれたありがとうのことばの後は茜空の弾き語り。
最初から最後まで気迫を感じる程の集中力で美しい歌声を響かせてくれました。
濁りなく澄み切った低音から張り上げるような高音部分まで。
画面いっぱいに映し出される、体中で一生懸命に歌う彼。
目をぎゅっと瞑ったり大きく見開いたり・・・
もの凄い響き渡り方で、実際に生で聴いているような錯覚が起きました。
アコギの音がむしろ小さく感じられるくらい、とにかく懸命に歌い上げていました。
それは感動なんて一言じゃ言いきれない衝撃で。
こころに直接彼なりのメッセージを叩き込まれた気がしました。
自分もあなたも茜空がある、って。
希望って強いんだな・・・と思えました。

でも歌い終わった後には、
「凄く緊張しました。治と啓介がいなくて淋しかった。バンドですから。」
と、またもや愛しい一言。

「3月から4月にかけてフィ-ルドがかわる人もいると思いますが、
自分を信じて頑張ってください」
そんな春の歌。

最後に本当にしあわせなお知らせ。
5月9日「蛍/RUN」
両A面シングルリリ-ス。
RUNに関しては、まだレコ-ディングはしてないけれど、
今のレミオロメンの気持ちに相応しい1曲として選ばれたそう。
「走ると書いてランと読みます…いや、走ると書いてランとは読まないか(笑)」
といつものように笑いも残してくれました。

あっという間に時間は過ぎ、退場時。手を挙げて観客に応える表情はやっぱりやさしくて…
会場全体拍手。横浜会場からも拍手。
扉の前でもう一度振り返って手を挙げてくれましたよ。
中継も終わり、DVDのジャケットが画面に映し出され、
明日に架かる橋が流れた瞬間またぼろぼろ涙が溢れてしまいました。
曲に合わせて手拍子する会場の雰囲気も良かったからかなあ。
本当にいつまでも止まらなくて心配させちゃったね。
でも二人とももの凄く感動してて、その様子は文字通り感無量だったよね。
なんか、全てが終わったとき、「ああ 良いなあ」ってとにかく強く強く想ったんです。
その気持ちが最後に溢れ出てしまいました。

ただ私、親とか普段周りにいてくれる友達の前ではこういう面って出せないんです。
まず理解してくれないですし。
だけどこの日、同じものに同じように感動して隣にいてくれる友達がいたからこそ、
甘えてしまえたんだろうなあと思います。

とにかくあなたとレミオロメンには感謝してもしきれなくて、
ありがとうを言えるだけ言いたくて、
溢れて溢れて止まらなかった。

愛しくて愛しくてたまらない。
夢のようにあたたかい夜でした。

しあわせなかえりみちはずっと話していました。
一生ついていこう、って。
彼らを好きでしあわせだって。

放心状態の中興奮状態でそんな話題は止まらず、
必ず一緒にライブに行こう!って誓いました。私絶対あなたと観たいんだ。

それから大好きなエキサイトでブログデビューしたということで私も嬉しい限りです!
やっぱり横浜で良かったよ。あなたと逢えたもの。
私あなたと一緒だったから最高の夜を過ごせたよ。

大好きになったので、これからも、よろしくね。


*


家に帰ってから、目を痛がる私を見て家族はまた呆れ果てていました。
「ただの映像に馬鹿じゃないの」って。
お父さんお母さんお兄ちゃん。
私本当にしあわせだよ。
あなた達が言う「ただの映像」
他人にそう評価されるようなものにこんなに熱くなれる私はしあわせ者。
そしてそこから無限に広がっていくものが、こんなに手に取れる私はしあわせ者。

レミオロメンナイト。
夢のようで夢じゃない、夢より素敵な一夜でした。


もう一度、
あなたとレミオロメンにありがとう。

本当にありがとう。

25日
[PR]
by only1_my-love | 2007-03-25 23:36 | ライブレポ
迎えた春は

お久しぶりです、こんばんはー!
一週間前の卒業式の日から今日まで毎日バイトやお出かけや卒業旅行・・・
忙しくも楽しい日々を送っていました。
卒業を祝ってくださった方々本当にありがとう。
そうしてついに高校を卒業した訳ですが、そのことについてはまた今度。
今日はやっと新曲について語ろうかな~。

あたたかいもので
[PR]
by only1_my-love | 2007-03-17 23:29 | レミオロメン
2007年3月9日

今年のこの素敵な1日も、終わりに近づいていますね。

あなたは最高の1日を過ごせましたか?

あたしはいつもと大きくは変わらない、それが最高の1日でした。

ここ最近毎日通っている部活へ向かう車の中で聞いたラジオから聴こえてきたのは
リスナーリクエストNo.1「3月9日」

今年は何人の人が今日を想ったんだろう。

去年よりもたくさんの人がこの歌を聴きたいと想ったのが彼らのFlash。
去年よりもたくさんの人と一緒に今日を祝えたそのしあわせがあたしのFlash。

3年前、
リアルタイムで耳にしたこの曲があたしの中学校の卒業式を支えてくれたのを
今でも覚えています。
式の中で我慢した涙を受け止めてくれたのはこの歌で、
人生で初めてPVを観て涙したのもこの歌です。

最初の感動はもう覚えてないけれど、その頃は今なんて想像できなかったね。
あれからたくさんの出逢いがあって、
こうして今日を終えようとしている。

一番想う彼らは、彼ららしい素敵な形で今日を迎えたことを知っています。
それは予想通りの奇跡で、だけどやっぱり驚きで。
あなたの3月9日が見事に彩られて本当に良かった。

今年こそ晴れるかな・・・と期待したけど、残念ながら地元は若干曇り空。
それでも、少しでも陽が出た隙に歌詞を頭に並べてみたり。

あとは日付が変わった瞬間から聴いていた3月9日と、
大好きな友達と交わしたメールの相乗効果で笑い泣きもしました。

やっぱり、特別じゃん。
何もなく通り過ぎるはずだった1日はもうなくなり、
特別な1日にいつの間にか変わっていました。

3月9日を誰かと一緒に大切にすること。
それがしあわせなこと。

輝きに溢れた大好きなこの歌。
綺麗で、だけどそれだけじゃない、
何もない1日を音楽の力でこんなに変える力をもった凛とした強さの存在する歌。
一生大切にしたい。

そしてその全ての中心にいる最高に愛しい3人は、もっともっと大切にしたい。

もっと好きになる。もっと好きになる自分を強く感じます。

この先も隣でそっと微笑んでいてほしい。
何度もあのやさしい顔で演奏してほしい。


あなた達のおかげで世界は変わったよ。


今年もまた、
大きくサンキュー。

ありがとうの日。

明日の卒業式も、勇気をもって迎えることができそうです。
だってあなたが瞼の裏にいる。





[PR]
by only1_my-love | 2007-03-09 23:53 | レミオロメン
ありがとうの日
胸がいっぱいで

音楽を聴いているだけで涙が出てきます

メ-ルを交わすだけで嬉しくなります

今日はもう眠らないで、
一日中起きて今日を味わっていたい

たくさん音楽を聴こうね。
たくさん想おうね。

彼らと、
彼らを愛するすべての人々。

流れる季節の真ん中の、

最高にあたたかい1日を。
[PR]
by only1_my-love | 2007-03-09 00:31 | レミオロメン
今日も誰かの誕生日。

2007.3.5 Happy Birthday 治さん!

27回目のお誕生日、おめでとうございます。
この日はあなたにとって、みんなにとって大切で愛しい日。
いつのまにか交わって、心待ちなものになったこの日。

朝起きて、部活のため学校に向かい、踊ったり喋ったり。
雨と強風に煽られながらパラダイムを手にして。
家に帰って真っ先にCDを聴いた。

そんな1日をあたしは過ごしました。

ただ今日はあなたの生まれた日。思い出しては笑いたくなるんです。

それが嬉しくて 嬉しくて!

思い出す表情は決まって笑い顔。
特にドラムの前で見せる顔。
誰もが口々に言う、その笑顔について。

治さんがドラムを叩くだけでレミオロメンの音楽が輝くから。

治さんが笑うだけで空気があたたかくなるから。

治さんの屈託のない明るさとやさしさでみんながしあわせになるから。

きっと

「ありがとう」

って何回言っても、もう一生言いきれることはないんだろうな。
だったら何回でも言うよ。

だからそこでいつも笑っていてください。

治さんが叩き出すグルーヴも繋がりもすべてがしあわせの色です。

生まれてきてくれてありがとう。
今日という日にありがとう。

「ありがとう」

今日から始まる1年と その先の人生ずっとしあわせであれ!

もっともっとその笑顔と音楽に溢れた日々を送ってください。

お誕生日、こころからおめでとうございます。そしてこころからありがとう。



大好きな治さんまで、まるでその音みたいに真っ直ぐに届きますように。






[PR]
by only1_my-love | 2007-03-05 23:19 | レミオロメン
午前中のひとりごと

凄いことが起きたんです。

とあるお方に、その音楽の感想を送ったんです。
本当にどきどきしたんです。

それから少しして、今朝、返ってきたお返事で。

「音楽を聴く耳」

を褒めていただいたんです。

凄すぎて。その凄さに対して実感が湧きません。
だって相手は音楽のプロフェッショナル。
大好きな音を鳴らす、まさにご本人。

うわあやっぱり大好きだあ。
嬉しい。嬉しい。

今度は、ありがとうを伝えたいです。




[PR]
by only1_my-love | 2007-03-03 10:12 | 音楽
幸せのカタチ

新曲の歌詞をちらっと覗いたんです。
「幸せのカタチ」の詞を。

最近の音源、発売日まで待っていたのに・・・今日だけは。
どうしても無理
元気がすこし足りなくて、何かを落としてしまったみたいで
駆け寄った。そんな存在とタイミングでした。
行き場がなくて戸惑ったら
必要なのは道しるべ。

一番に駆け寄るのはもちろんレミオロメン。

だから歌詞を読んだんです

縋るみたいに

雰囲気だけ、ネタばれありますよ。
[PR]
by only1_my-love | 2007-03-02 00:04 | レミオロメン